HOME > 新着情報 > 2017 > 1月 > 13

“わくわくミックスDay”みんなで遊んだよ♪

 1月13日(金)プチとまとクラブ、年少、年中、年長組が縦割り保育で触れあって遊ぶ『わくわくミックスDay』を行いました。

 設定保育の中で『パソコン』『製作』『音楽』『絵本』『運動』の5つの遊びコーナーから、子ども達自身がやってみたい遊びをひとつ選んで、異年齢の子ども達が一緒になって遊ぶという縦割り保育です。今回、初めて2歳・満3歳児クラスのプチとまとクラブの子ども達も参加しました。年長組がメインとなって、子ども達自身で考え教え合ってどんどん遊びを発展させていきました。ひとつのコーナーに留まらず、行きたいところにいって遊び、そこで異年齢同士の交流も深まりました。いつもと違う環境の中で遊ぶ楽しさを味わいながら、年少児は年長児の行動を見ていろいろなことを学び、年長児は年少児へ優しい気持ちで接し優しくリードしてくれました。

 園内がとても賑やかに、まさしく“わくわく”しながら笑顔で遊んでいる子ども達♪先生はあまり介入せず、遊びは子ども達に任せて、子ども達のルールの中で先生も一緒に遊びました。改めて、子ども達の遊びを発展させていく無限の力を感じました。

 遊びながら、率先して下級生の面倒を見る年長組の姿、それを見て真似をしようとする年中組、お兄ちゃんお姉ちゃん達に手をつないでもらったり教えてもらって嬉しそうな年少組とプチとまとクラブの子ども達、とってもかわいい異年齢同士の交流があちこちで見られました。

 また、真似をすることは、やってみようとする意欲や学び、自らの行動や可能性を広げる大きな発達力のひとつとなります。そして、真似をされる側も人に優しくしようという思いやりの行為に結びつきます。

 今後も、子ども達の自主性や積極性、協調性、コミュニケーション力などが育つよう、教育環境を整えていきたいと考えています。

P1330831 P1330839 P1330841 P1330845 P1330851 P1330838

お正月遊び♪<1月保育参観>

 1月12日(木)、お正月遊び(保育参観)を行い、親子で一緒に遊びました。

 サイズもより大きくして子ども達にもわかりやすく、遊びやすく工夫をして手作りした先生達オリジナルのお正月遊び道具を使って遊びました。お正月遊び定番の「絵(カード)合わせ」「すごろく」「福笑い」「トランプ」や「鏡餅積み」や「豆掴み」、「羽子板ゲーム」などオリジナルのゲームもあり、各クラスでいろいろな遊びが見られました。

 遊びのルールやねらいも、学年の発達に沿って、数字やひらがなに興味・関心をもつ、絵と言葉を通して意味を考えイメージを膨らませる、季節のものを知るなど既成のルールよりも楽しくおもしろいゲームへ発展できるように考えました。

 ゲームがスタートすると、各クラスからは歓声が聞こえ、子ども達はこの日を心待ちにしていたのが、嬉しそうな表情から手に取るようにわかりました。親子で息を合わせるはずが、お家の方が間違ったり失敗したり。その様子に子ども達も一喜一憂し、予想外の展開に、遊びも大いに盛り上がっていました。

 今年初の保育参観で、それぞれのクラスで親子の触れ合いを楽しみ、同時にクラスのコミュニケーションも深めることができた楽しい時間となりました。

 これからも、子ども達の感性や知識が豊かになるように、それぞれの季節ならではの遊びや昔から続く伝統の遊びを知るきっかけを作り、体験できる場を大切にしていきたいと考えています。園で体験することを、お家での遊びの中にも取り入れていただき、子ども達の発達や感性に合わせて、定番の遊びを創意・工夫することでいくつもの遊び方ができることを知る、そして、その楽しさを味わってもらえるきっかけになればと願っています。

GRL_5024 GRL_4881 GRL_4963 GRL_4914 GRL_5227 GRL_5152