HOME > 新着情報 > 2016 > 3月 > 15

すみれ組の茶道体験(年長組)

 2月下旬、3月上旬に年長組(すみれ組)の茶道体験をしました。毎年、すみれ幼稚園では年長組になると、茶道体験をします。

 茶道の『もてなす』という経験から、『人を思いやる心』『やさしさ』を育みたいと、本園では、開園以来38年間毎年行っています。

 今年は、すみれ1、2組が布施子育て支援主任に、すみれ3組が京都産業大学茶道部の学生に、「盆略点前」のお作法を見せていただきました。

 また、立ち居振る舞いや実際のお抹茶をいただくお茶碗の回し方なども教えてもらい、普段ほとんど経験したことのない茶道の世界に興味津々でした。その成果は、自分が実体験する番になって、慣れない作法に緊張気味ではありましたが、今覚えたての作法を見事に実践することができ、覚えの速さはさすが年長組だと感心しました。発言や集中力を褒めてもらい、得意満面の子ども達でした。

 昼食には、学生達も各クラスに招待され、子どもと一緒にお弁当を食べました。その時、子ども達は「めっちゃ楽しかった~♪」「お抹茶は、ちょっと大人の味やったわ。」また、自分の昼食用のプラスティックのコップを持って「こうやって回して飲むんやな。」など、先生やお友達と感想を言い合いながら、楽しかった貴重な経験をおさらいしていました。賑やかでとても暖かい交流となりました。

 卒園まで残りわずかとなりましたが、とても貴重な体験となりました。日本の文化やその心を、今後も体験しながら思いやりと豊かな感性を育んでほしいと願っています。

RYO_6328 RYO_6714 RYO_8717