HOME >

スリランカから学生舞踏団来園!

 10月14日(水)、スリランカ文化使節団の来日を機に、京都産業大学国際交流センターと連携し、本園にも学生舞踏団5名とチャンダシリ僧侶他2名をお招きしました。

 この日は保護者会の日で、子ども達と一緒に保護者の方も舞踏をご覧になりました。子ども達は、お部屋で先生から話を聞いた時に「運動会のお遊戯みたいな踊り?」「どんなお兄さんとお姉さん?」と、それはもう楽しみな様子で、プチとまとクラブの子ども達も笑顔を見せていました。

 保護者の方もたくさんお越しになり、いよいよ舞踏の始まりです。初めて見る、とってもきらびやかな民族衣装を身にまとったスリランカの学生の姿に、子ども達は目をキラキラさせて見入っていました。迫力ある、尚且つ優雅な民族踊りに興味津々で、独特の手やの動きなどを真似ている子どももいました。

 また、歌も聞かせていただきました。スリランカの言葉<シンハラ語>での民族歌と、日本語の『アンパンマンの歌』や『切手のない贈り物』の見事な歌声と発音にビックリ!素晴らしい歌声に、大きな拍手がおこりました。子ども達も知っている歌を一緒に歌い、とても喜んでいました。質問コーナーでは、「スリランカの言葉は何ですか?」「(シンハラ語で)こんばんは、ってどう言いますか?」と、スリランカの言葉に質問が集中するかと思いきや、「(スリランカに)ウルトラマンはいますか?」の3歳児のかわいい質問に、学生も会場も思わず笑いが起こり、和やかな雰囲気に包まれました。

 最後に、お礼にと子ども達から『どんぐりころころ』の歌をプレゼントしました。振り付きで歌う子ども達に、学生も一緒に振り付けを真似てくれていました。

 今回の交流はとても心温まるものとなりました。今後もこのような機会を設けて、子ども達にも異文化交流の素晴らしさを伝えながら、外国に目を向けるきっかけ作りをしていきたいと思います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA   OLYMPUS DIGITAL CAMERADSC_0411 OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

おおやけの里との交流

10月7日(水)、年長組の代表園児30名が『介護老人保健施設おおやけの里』を訪問しました。

 子ども達は、おじいさんやおばあさんと一緒の運動会に大張り切りでした。

少し緊張気味の子どももいましたが、職員の方に『おじいちゃん、おばあちゃんはみんなが来てくれるのを楽しみにしていましたよ』と教えてもらうと、子ども達もワクワクしている気持ちが高まり、いつもどおり元気いっぱいに「おはようございます!」とご挨拶ができました。お年寄りの方々も、拍手とともに「かわいいね~。」「しっかりしたお子さんね~。」と笑顔で迎えてくださり、中には感動で涙を流されるお年寄りの方もおられました。その子ども達のかわいい姿と笑顔に、あっという間に各階のフロアが優しく温かな雰囲気に包まれました。

 今回は、各階で紅・白チームに分かれて『玉入れ』や『物送り競争』『職員対子ども達のリレー対決』を行いました。子ども達は、おじいさん・おばあさん方の間に入り参加しました。「走るの速いし見ててね!」「がんばって~!!」と、子ども達の元気いっぱいの声とお年寄りの方々の拍手が各フロアで響き、和やかな素敵な運動交流会となりました。かわいい子ども達の姿に、お年寄りの方々は終始穏やかな笑顔で見守ってくださり、子ども達も笑顔と元気いっぱいで参加できました。

 最後には、年長組全員が作った手作りのカレンダーをプレゼント♪お返しに、妖怪ウォッチの手作りのメダルを頂きました。嬉しそうにプレゼントを眺めながら、「ありがとうございました!」「また来ます!」と声をかける子ども達の優しい姿が見られました。

 子ども達にとって、お年寄りに優しく接する心と思いやりの気持ちを持つ大切さを学び、とても貴重な経験となったことでしょう。今後も、こうした交流会を大切にしたいと思います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA