新着情報


HOME >

中央園児大会&園内フィールドビンゴ大会♪

 5月9日(木)、京都府植物園にて京都府私立幼稚園連盟主催の『第52回京都府私立幼稚園中央園児大会』が開催され、年長組代表園児12名が参加しました。

 五月晴れの中、答えを探して見つけたら手作りのカードにシールを貼る『フィールドビンゴ』や、中央芝生広場のフィールドアスレチックを満喫しました。フィールドビンゴでは、園長先生も一緒に植物園の中を探検し花や自然とたくさん触れ合いながら、夢中になって色カードを探し回りました。また、他園の参加園児と握手したりゲームしたり、関わりを満喫していました。運営委員として植物園で活動していた平野先生にも会って子ども達はとっても嬉しそう!セレモニーは、京都府私立幼稚園連盟創立70周年を記念したイベント内容でした。そして、参加した約2,300人の京都府内私立幼稚園5歳児の子ども達全員で手作りのリストバンドをつけて、『夢のパレード』を大合唱し、賑やかなセレモニーとなりました。

 幼稚園でも、他の年長児達が担任の先生や事務主任と一緒に、園内での『フィールドビンゴ』にチャレンジしました。手作りのカードを片手に喜んで園庭を駆け巡り、お友達と一緒に一生懸命答えを探したり、先生のヒントをもとにグループで答えを考えたりと、園庭や園舎内が子ども達の元気いっぱいの声と笑顔で溢れていました。園内がフィールド会場に変身し、年少や年中組の子ども達も興味津々で見ていました。

 答えを探しながら、次々と園内や植物園での新しい発見をして驚きでいっぱい♪お友達や先生と楽しさを共有し、友達や先生達との楽しい思い出ができた一日となりました。園に帰ってきた代表園児達と「こんなゲームしたよ!」「おもしろかったね!!」など、それぞれの場所でのフィールドビンゴの話で大盛り上がりになりました。

 こうした園内や園外の自然や新しい発見に目を向けることで、どんどん感性が豊かになります。普段目にしている見慣れた風景や場所で、今までにない新しい発見ができると、新鮮な楽しさとなります。新しい良い刺激を、これからもたくさん味わえるようにしていきたいと思っています。