行事案内


HOME >

行事案内 一覧

教職員が「普通救命講習」を受けました。

4月16日(月)毎年受講している普通救命講習を今年も教職員が受講しました。

山科消防署の講師より、最初にテキストに沿って心肺蘇生法の流れを教わり、その後、グループに分かれて心肺蘇生・AEDの使用方法の実技を乳児・小児・成人の人形を使い行いました。体格に合わせての心肺蘇生法は、力加減が難しく、教職員も若干苦戦していましたが、講習が終わるころには、コツを掴み全員がマスターすることができました。

すみれ幼稚園は、AEDを1台設置しています。今後に向けて再度、事故防止に努める意識とともに、いざというときに慌てず行動するための知識と体験を得た、有意義な講習となりました。

すみれ幼稚園の教諭は、園内研修だけでなく、主に京都府幼稚園連盟・京都市幼稚園協会主催の研修会など多分野にわたる様々な研修会に多く参加し、日々保育の質の向上に努めております。子ども達に還元できるよう、気持ちを引き締めて、教職員一同がんばってまいります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

平成30年度入園式

4月11日(木)第42回入園式が行われ、プチとまとクラブからの進級児等を含む61名の園児が式に参加しました。

例年通りに子ども達の鳴き声が響く賑やかな入園式になるかと思いきや、中には泣く子もいましたが、全体的にリラックスしたような子ども達の様子が見られ、とても落ち着いた雰囲気でとても驚きました。今後、もっともっと活発な姿が見られるのがとても楽しみです。

新入園児お名前紹介や園長からの話の時には、プチとまとクラブからの進級児が「はい!」と、さすがに慣れた様子で元気な返事をしていました。柿野理事長からお祝いの言葉をいただくと、自然と子ども達からパチパチとかわいらしい音の拍手がおこり、会場中が和やかな雰囲気となりました。

年長組代表園児の『お迎えの言葉』では、代表園児の声がまるで魔法のようで、よそ見をしていた子ども達もぴたっと前を向き、興味津々でした。その後に歌った園歌でも、プチとまとからの進級児と、代表の年長組の子ども達が元気いっぱいに歌いました。それを聞いた新入園児達は、『チューリップ』の歌を、周りの先生や代表園児を真似て振りつけをしながら、かわいらしくとっても上手に歌っていました。

これからの園生活が笑顔溢れる日々となり、子ども達がのびやかに成長できるように、教職員一同保護者の方と連携を密にして取り組んでいきたいと思います。よろしくお願いいたします。

プチとまとクラブ(2歳児クラス)入室会を行いました。

平成30年4月10日(火)すみれ幼稚園遊戯室にて入室会が行われました。

子ども達は保護者の方としっかり手をつなぎ、楽しみとちょっぴりドキドキした様子で来てくれました。

遊戯室では、滑り台や大きなぬいぐるみに目をキラキラさせて遊びはじめる子や、見慣れないおもちゃにちょっと様子をうかがっている子もいました。保護者の方への話が終わったあとは、一緒にお歌を歌ったり、ふれあい遊びや手遊びをしたりして楽しみました。「16日(月)からの登園楽しみに待ってるね♪」と先生からおみやげをもらって、笑顔で「バイバーイ(^^)/」と手を振ってくれました。

新しいメンバーが増えて、すみれ幼稚園も賑やかになりそうです。みんなで一緒に楽しく遊んでいきましょうね。

平成30年度1学期始業式

4月9日(月)、春休み明けとなったこの日、新しくプチとまと・年少・年中・年長さんとなった進級児が、元気いっぱいに登園してきました。

1学期のスタートに、子ども達の元気な声と笑顔が見られ、教職員一同一安心しました。お部屋で新クラスの先生やお友達と対面し、嬉しそうに誇らしげに新しいクラスの名札を見せてくれました。そして、久しぶりの幼稚園遊びを楽しんでいました。

その後、遊戯室にて平成30年度1学期の始業式が行われ、今年度からの新しい松尾園長先生から「進級おめでとう。みんなひとつお兄ちゃん、お姉ちゃんになりましたね。新しく入園、入室する新しいお友達に優しくしてあげましょう。」「家でも幼稚園でもご挨拶をしっかりしましょう。また、幼稚園の中でどんな花が咲いているか見つけて教えてね。」と、話があり、子ども達はキラキラ目を輝かせて聞いていました。最後に「1学期は楽しいことがたくさんあるので、毎日楽しく来てくださいね。」の言葉に、元気に「はい!」と、答えた子ども達でした。

子ども達の笑顔と共に新年度がスタートしました。教職員一同、笑顔と目配り・気配り・心配りで全員の子ども達を見守り、成長が実感できる園生活が過ごせるようにしていきたいと思います。

平成29年度3学期終業式

3月20日(火)遊戯室にて3学期の終業式を行い、1歳児チェリーとまとクラブ~年中組が参加しました。

今年度で退職される藤本園長先生から、それぞれの学年の子ども達に向けて次年度への期待が持てるように、最後のお話を聞きました。また、「今日で3学期と4月から始まった1年間が終わります。みんなで楽しく元気に過ごして、大きく成長しましたね。」と褒めていただき、子ども達は笑顔いっぱいでした。また、子ども達は進級する期待と喜びに溢れ、明るく生き生きとした表情に見えました。

そして、「春休みもケガや病気をしないように過ごして、4月の始業式に元気に来てください。」と、明日からの春休みの過ごし方を聞き、規則正しく過ごすことを約束しました。その後、転勤等で退室・退園する子ども達の紹介があり、残念ながらすみれを旅立って行くお友達とお別れをしました。

今年度も、保護者の方のご協力で無事に終えることができました。次年度に向けて、気持ちを新たに引き締めながら、4月からすみれ幼稚園の門をくぐる新しい子ども達との出会いを、楽しみにしたいと思います。

平成29年度卒園式

3月19日(月)平成29年度の第41回卒園式を執り行いました。

ご来賓の方々や保護者の皆様、教職員が見守る中、5歳児72名の子ども達に修了証書が授与されました。

園長式辞の後、柿野理事長から子ども達と保護者の方に向けて、お祝いの言葉をいただきました。その後も厳かに式は進み、在園児代表園児からは、年長組のお兄ちゃんお姉ちゃん達のために、堂々と一生懸命元気いっぱいの声で『送る言葉』を送り、卒園児は、自信に満ち溢れた声で1年間を振り返る『お別れの言葉』を返してくれました。保護者の方も、園児達の幼稚園での生活を思い出しながら、涙を流して聞いてくださっている方もおられ、幼稚園での思い出を大切にしていただいていることを、嬉しく思いました。

最後に園庭で、みんなで歌う最後の歌『君と僕のラララ』を、心をひとつにして歌いました。大きな拍手を受けて、子ども達は小学校への希望を胸に幼稚園を巣立っていきました。

すみれ幼稚園で学んだ、「温かな心」「優しい心」「たくましさ」「考えてやり抜く力」「協調しあえる力」「挨拶の大切さ」を今後も持ち続け、健康で伸び伸びと成長していってくれることと思います。子ども達の未来が明るく輝かしいものであることを、教職員一同心より願っております。

年長組お別れ会inウェスティン都ホテル京都

3月16日(金)、年長組と全教職員による『お別れ会』を、ウェスティン都ホテル京都にて開催しました。毎年、年長組の子ども達と教職員の最後の素敵な思い出作りの恒例行事です。

子ども達は、教職員に迎えられてホテルの会場に入ると、「わ~!すご~い!」と目をキラキラと輝かせてキョロキョロと周りを見回して、とてもかわいかったです。

とても豪華なランチプレートは、ミニハンバーグ、ピラフ、エビフライにチキンソテー、ビーフのパプリカ煮込みにコーンスープ、そしてデザートもついた子ども達が大好きなお子様ランチ♪しかもボリューム満点!フォークやナイフを上手に使う子どもも多く「すっごくおいしい~!!」と、先生やお友達とおしゃべりをしながら、和気あいあいと賑やかなランチタイムとなりました。さすがにすみれ幼稚園の子ども達、お行儀がよくてホテルの方も褒めてくださいました。

お腹もいっぱいになった頃、なんと、平野ノラちゃん3人(注:すみれの先生が扮して)が登場!!子ども達は大歓声!そして、キャラクターのおもしろさや園長先生との掛け合いに大爆笑♬すると、バブリー時代の懐かしい曲が…。「あ!!『ダンシングヒーロー』や!!!」と子どもの一声でさらに会場のボルテージが上がりました。教職員も舞台の上で曲に合わせてチアのダンスを披露し、子ども達もノリノリで一緒に踊ってくれて大盛り上がりでした。

そして、園生活の思い出が込められたオリジナル曲が各クラスから披露され、歌詞にのって思い出がめぐりとても感動しました。また、教職員からの歌は、子ども達が生活発表会で披露した手話付の歌『君と僕のラララ』をプレゼントしました。子ども達が一緒に参加し、自然とでみんなの心がひとつになった瞬間でした。

最後に、子ども達から教職員ひとりずつに、手描きの似顔絵入りレイと花束が贈られました。教職員ひとりひとりの特徴をよく捉えた似顔絵はとても上手で、先生達にとって何よりのプレゼントとなりました。

このお別れ会が、子ども達の心の中にずっと素敵な幼稚園での思い出として残ってくれることを、教職員一同心より願っています。

3月のお誕生日会・ひなまつり

3月2日『お誕生日会』と『ひな祭り』を行い、今年度最後のお誕生日会となりました。

今月はひな祭りと一緒の日で、舞台の横に七段飾りの立派なひな人形が飾られ、子ども達も興味津々でした。司会の河田先生からひな祭りやひな人形のお話しを聞き、その後『うれしいひな祭り』の歌を全員で歌って、子ども達の健やかな成長をお祝いしました。

お誕生児への歌のプレゼントは、各学年、生活発表会で歌った歌をうたいました。どの学年も発表会に負けないくらい元気よく歌うことができました。まだまだあの余韻が残っているようで、特に年長組の歌は、幼稚園生活最後のお誕生日会ということもあり、いつも以上に子ども達の歌声に感動しました。

キラキラの王冠を被って笑顔いっぱいのお誕生児達は、嬉しそうに聞きながら自分達もはりきってお返しの歌を歌い、最後に盛り上がった歌のプレゼントとなりました。

そして、今年度最後となった先生からのプレゼントは、お話シアター『思い出カメラ』でした。入園・入室してからの春夏秋冬。それぞれの季節でみんなの思い出に残っていることは?どんなことをみんなでしたかな?そんな話をしながら、大きな『思い出カメラ』から出てくるイラストに、とっても嬉しそうな笑顔でした。4月からの進級・進学に大きな希望を抱き始めた今日この頃、最後のお誕生日会も、かわいい子ども達の笑顔がいっぱい見られた楽しい会となり、お部屋では“ひなあられ”を頂き、ご機嫌の子ども達でした。

あっという間の1年。振り返ると、それぞれの季節にあった話や出し物から、子ども達はたくさんのことを学び、知識として吸収し、心身ともに驚くほど成長しました。今年度も残りわずかですが、最後まで楽しい園生活を送りたいと思います。

頑張ったね!!生活発表会☆

2月24日(土)京都産業大学神山ホールにて、生活発表会を開催しました。

今年のテーマは、『ホップ・ステップ・RAINBOW~放て、257人の光を~』。子ども達がこの1年で大きく飛躍し、輝く笑顔で過ごしてきた軌跡をテーマに、元気いっぱい表現で発表しました。

歌や曲は、子ども達の生活の中で盛り上がったものを選び、子ども達が先生と一緒に考え作り上げました。

チェリーとまとクラブの子ども達は、大きな舞台にも堂々と、かわいらしく手遊び歌を披露できました。誰も泣かずにお返事もできて、会場から大きな拍手をもらいました。プチとまとクラブの子ども達は、ノリノリで元気いっぱい合奏や合唱を披露しました。手作りのお面やワッペンをつけて、各コースのお遊戯も見せてくれました。その場にいるだけで、思わず目じりが下がるかわいさを存分にアピール♪チェリーとまとクラブ、プチとまとクラブの子ども達にとって、初めての経験となる子どもがほとんどでしたが、こちらが驚くほど堂々とした姿に、会場が驚きと笑顔に包まれました。

年少組は、各クラスお遊戯やリズム劇をしました。それぞれが個性あふれる振り付けで、年少組らしいハツラツとした姿と、歌も元気いっぱい声を出して、舞台上ではりきっていました。大好きな曲に合わせてリズミカルで楽しい踊りやかっこいい決めポーズがある振り付けに、会場からはたくさんの手拍子!合奏や合唱でも、1年間で驚くほど成長した姿を見せてくれました。ピアノに合わせて一生懸命楽器を鳴らす子ども達は、大きな舞台でも全く動じず、本当に立派でしたよ。パワーいっぱい元気いっぱいの年少組でした。

年中組の合奏は、『勇気100%』を演奏しました。子ども達が大好きな曲です。ピアニカや打楽器を使用して、一生懸命練習の成果を見せてくれました。指揮の先生を最後までしっかり見て、友達の楽器の音を聴きながら、最後まで元気いっぱいのかっこいい演奏でした。オペレッタ&ダンスでは、それぞれの動物グループで演じました。セリフも歌も、みんなで考えたとあってバッチリ!!ダンスも、練習からやる気満々で臨み、本番でも自信満々に踊って観客を魅了しました。見事にポーズを決めて、やりきった表情を見せてくれました。とっても素敵な合奏やオペレッタ&ダンスでしたよ。

今年最後となる年長組は、各クラスでのオペレッタや劇、学年合同では、京都産業大学チアリーダー部、吹奏楽部と一緒にチアダンスと応援歌を披露し、感動を呼ぶ合唱、ラストは合奏と『思い出のアルバム』の歌を聞かせてくれました。オペレッタや劇は、各クラスで盛り上がったお話をみんなでアレンジして作り上げ、歌にセリフにすみれ組らしい素晴らしいものが出来上がりました。それぞれ衣装をつけ、役になりきって舞台俳優顔負けの迫真の名演技を披露しました。フィナーレの合奏は、『彼こそが海賊』。映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」のテーマ曲を先生のピアノと指揮に合わせて、“気持ちをひとつに”を合言葉に、練習の成果を十分に発揮して演奏を聴かせてくれました。最後までやりきった子ども達の姿に、観客の皆さんも先生達からも思わず感動の涙が見られました。終わったあとは、「楽しかった~!!!」と満面の笑顔と、終わってほっと安堵した表情を見せていた年長組の子ども達でした。

力いっぱい最後まで頑張り感動を与えてくれた子ども達の姿を、後日フォトアルバムでご紹介する予定です。

今回得た自信を今後につなげ、さらに大きく羽ばたいてほしいと願っています。

2月のお誕生日会、節分

2月2日(金)節分の日に合わせて、2月のお誕生日会と節分を行いました。

節分を前に、子ども達はいろいろな材料を使ってクラスで鬼のお面や被りものや鬼帽子などを手作りしました。手作り自慢の鬼を見てもらおうと一生懸命にアピールし、先生達に褒めてもらってとっても嬉しそうでした。

今月の司会は髙下先生で、初めに節分の話を聞きました。魔よけの柊の葉やイワシの頭、恵方巻や福豆などに興味を持ち、豆まきでも子ども達は先生と一緒に「鬼は~外!!福は~内!!」と元気いっぱい声を出して、はりきって福を呼び込んでいました。

司会の先生からのプレゼントの出し物は、『楽器クイズ』でした。ハテナボックスから聞こえる音が何の楽器かを当てるクイズに、子ども達は一喜一憂!鈴やタンブリンは年少組の子ども達もよく知っている楽器でしたが、ウッドブロックの音にカスタネット?と、首をひねる子どもも。そんな中、さすが年長組の子ども達は、見事に正解!そして、ゲストの鈴木先生が演奏するトランペットも加わり、園長先生演奏のウッドブロックと、クイズで正解した楽器も合わさって『おもちゃのチャチャチャ』の大合奏!「すご~い!!」と、さらに盛り上がり、子ども達も一緒に手拍子と歌で参加しました♪

その後、子ども達は福豆をいただき、工夫して作った個性あふれる鬼のお面や被りものなどを頭につけて、家での豆まきに心を躍らせながら帰っていきました。子ども達に福の神が来ますように…(*^_^*)

~今月のプレゼント曲~

年長組・・・・・・・・・・「北風小僧の寒太郎」

年中組・・・・・・・・・・「雪のプレゼント」

年少組・・・・・・・・・・「まめまき」

プチとまとクラブ・・・・・「しずかなよるに」

誕生児からのお返しの歌・・「まめまき」

1月のお誕生日会

1月24日(水)遊戯室にて今年初めてのお誕生日会となる1月のお誕生日会を行いました。

今回はチェリーとまとクラブの子ども達も一緒に参加しました。最後まで椅子に座って参加し、他の先生にいっぱい褒めてもらいとても嬉しそうでした。歌のプレゼントの時も、先にプチとまとクラブの子ども達の歌を聞かせてもらったからか、真似をするかのように手をふって振付けをして、先生達もびっくりするくらいの成長が見られました。

司会は森永先生で、お正月や季節の行事や昔からある風習など、子ども達はしっかりと話を聞くことができました。

そして、今月の先生からのお楽しみのプレゼントは、ペープサート『十二支のはじまり』でした。順に登場してくる動物たちの鳴き声がとても面白かったようで、大盛り上がり!最後まで、子ども達も楽しみながら、十二支を身近に感じることができました。

子ども達にとって、毎月の先生からのプレゼントがひとつひとつ大切な思い出となってくれればと願いながら、今年度残り2回のお誕生日会を充実した楽しいものになるようにしていきたいと思っています。

来月は節分と一緒にお誕生日会を行います。そしてこの日に、子ども達が制作した鬼のお面やバンド、被り物などを持って帰ります。子ども達の力作をどうぞお楽しみに!

~今月のプレゼント曲~

年長組・・・・・・・・・・「風も雪もともだちだ」

年中組・・・・・・・・・・「ゆげのあさ」

年少組・・・・・・・・・・「ゆきのこぼうず」

プチとまとクラブ・・・・・「しずかなよるに」

チェリーとまとクラブ・・・「Hotするね」

誕生児からのお返しの歌・・「ゆき」

こども宇宙プロジェクトに参加!

平成30年1月18日(木)、こども宇宙プロジェクトのカメラマン田邉さんが来園され、全園児にプロジェクトの話をしていただきました。

「こども宇宙プロジェクト」とは、『「宇宙旅行」というニュースも見聞きするようになりましたが、残念ながら私たちが気軽に宇宙に行くのはまだまだ先の話。でも宇宙に行ってみたいのはみんな同じ。そこで私たちは「実際に行けないなら、分身で宇宙旅行をしよう!」と考えました。笑顔写真は宇宙飛行士と⼀緒に国際宇宙ステーションに滞在し、地球の周りをまわります。 いっしょに宇宙旅行をしましょう!(HP参照)』という趣旨のもと活動されています。

田邉さんからのパネルを使った宇宙ステーションやロケットについての話を、学年関係なく興味津々で、前のめりになって聞いていました。特に年中、年長組は、天文台の見学時のことを思い出し、宇宙の話に親近感を持っているようでした。そして、「ロケットにみんなの写真を乗せて、宇宙ステーションに運ぶよ。」と話されると「うわぁ~!すごい!」とみんな目を輝かせて喜んでいました。

お話の後は、子ども達の写真を各クラスで撮っていただきました。撮っていただいた写真は、スマイルBOXに搭載され、今年秋に打ち上げ予定のロケットで打ち上げられ、宇宙ステーションに届きます。その後は、1か月ほど宇宙旅行をします。

様々な分野に興味を持てるよう、今後も色々な取り組みをしていきたいと思います。子ども達の写真が宇宙に届くなんて、素敵ですね♪打ち上げが楽しみです(^o^)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA