HOME > 新着情報 > 2014 > 10月 > 30

ポール、もみくちゃの巻(プチとまと2歳児クラス)

 10月29日(水)京都産業大学職員で、ニュージーランド人のポールが、幼稚園に遊びに来てくれました。(その様子は、トピックス『ポールさんと英語であそぼう』を参照)

 プチとまとクラブ(2歳児クラス)は、ポールと一緒に昼食を食べることになりました。ポールを心待ちにしていた子ども達でしたが、いざ、お部屋に来られたら、緊張の面持ちでじーっと穴が開くかと思うくらい見つめていました。 一人、二人と食べ終わった子ども達から、「きれいですか?」と空っぽになったお弁当を持って、ドキドキしながら、ポールの所へ…、小さな声で「ちれいでちゅか(きれいですか)?」すると、ポールは「Very Good!」「Great!」と大きな声で笑顔いっぱいに褒めてくださいました。「ありがとう!」も英語で「Thank You」と言うんだよ。と教えて貰い、よほど嬉しかったのか、大喜びで「チャンキュー(さんきゅー)」のオンパレードとなりました。それからは、ポールに抱っこして貰ったり、背中におぶさったり、挙句の果てには、覆いかぶさり、ポールはもみくちゃに…(^_^.)

 でも、ポールは、二人のお子さんのお父さんでもあるので、とってもパワフルに楽しく遊んでくださり、子ども達は、いっぺんにポールが大好きになりました。

 帰る時も、「さよなら」は、「See You(シーユー)」という事を教えて貰い、みんなが、「ちーゆー(シーユー)」「ちゃんきゅー(サンキュー)」と大きな声でお見送りしました。

 ポールは、また、来月もみんなと英語であそびに来てくださいます。その日を楽しみにしているプチの子ども達でした。

P1290717 P1290727 P1290739 P1290745 P1290748 P1290751

♪ポールさんと英語であそぼう(1回目)♪

 10月29日(水)京都産業大学職員のポールと、楽しく英語で遊びました♪

 毎年、すみれ幼稚園では、イキイキ体験として外国の文化に触れる体験をしています。4歳~5歳児対象の「すみれ英語」のカリキュラムも行っていますが、この「ポールさんと英語であそぼう♪」は、全園児を対象とするもので、2歳児~5歳児までの園児が英語と触れ合います。

 今回はHalloweenが間近ということで、ポールもHalloweenスタイルのコスチュームに変身して、子ども達へのサプライズ!みんな大喜びでした。

 年長組では、Halloweenのカードを使って「Wat’s is this?」の質問から、「trick or treat.」「Give me something good to eat.」と遊んだり、ポールの英語を聞いてカードを選んだり、英語に耳を傾けながら一緒に発音して褒めてもらったり、楽しい時間を満喫しました。

 年中組でも、楽しい挨拶の仕方とHalloweenカード使って遊びました。「trick or treat.知ってる?」のポールの質問に、「知ってる~!」とはりきって返事をする子も。ポールのコスチュームにも子ども達は興味津々でした。

 年少組では、「Hallo」「How are you?」の挨拶と、1~5の数字をそれぞれHalloweenバージョンのおもしろい言い方を教えてもらいました。みんなも真似して大盛り上がりでしたよ。

 お昼は、プチとまとクラブあか組ときいろ組合同で、あか組のお部屋で一緒にランチをしました。「ありがとうは、thank you っていうんだよ。」と教えてもらい、「チャンキュー!」と嬉しそうに答えていました。また、ポールに馬になってもらって遊んだり、飛びついて抱っこしてもらったり、体全部でポールと遊んで最後まで大はしゃぎでした。

 今年も、2歳児から5歳児まで、みんなが楽しい英語あそびの時間を過ごしました。次回は、11月25日(火)です。次回も楽しいエピソードをご紹介したいと思います♪

P1290651 P1290695 P1290675 P1290703 P1290728 P1290752

第6回親子フェスティバル 『絵本の読み語り』

 10月22日(水)本園の図書室にて、第6回 親子フェスティバル『絵本の読み語り』を開催し、23組46名の親子がご参加くださいました。

 子ども達は図書室に入るなり、お母さんの手を振りほどいて、お目当ての絵本に一直線、今まで見たこともない大型絵本に人気が集中しました。

 はじめは、『どうぶついろいろかくれんぼ』を先生が読み語りました。子ども達は鳴き声やシルエットなどで、動物や色をはっきり元気に答えてくれました。

 次は、お母さんとの読書タイムです。親子で絵本を選び、お母さんの優しい声で読み語りをしてもらい、子ども達も静かに、しかも、嬉しそうに聞いていました。

 最後は先生が、ダウンライトの下で、大型絵本『ぞうくんのさんぽ』の読み語りをしました。ぞうくんが誘ったお友達を背中に乗せていくのですが、最後には重さに耐えきれずバッシャーンと池の中!でも、みんな笑顔いっぱいの楽しいお散歩でした。というお話でしたが、池の中にバッシャーンと落ちた時は、びっくりしながらも、最後は、ホッとしてお母さんのお顔を見上げる子ども達の笑顔が何とも愛らしかったです。夢中で見てくれた子ども達、短い時間でしたが、ほのぼのとした温かい空気が流れた時間となりました。

 最後にお母さんへのプレゼントで、「手のかからない子に手をかけて」という、泣いている子は、言葉は言えないけど、「お母さん抱っこして!」といって泣いているのだ。ということを綴ったポエムを朗読しました。「先生、泣いていてもいいんですね。ちょっと、安心しました。」とおっしゃっていたお母さんもいらっしゃいました。

 これからも、すみれ幼稚園は、心温まる素敵な絵本を紹介し、心優しい、情緒豊かな親子になっていただきたいと願っています。

 次回は、最終回11月21日(金)に『親子でなかよくキッズヨガ』があります。どうぞ、お楽しみに♪

GON_4941 GON_4950 GON_4947