HOME >

初めての帰帆島遠足楽しかったよ♪

 10月29日(火)プチとまとクラブ全員で帰帆島遠足に行ってきました。

 子ども達が首を長くして待っていた遠足。行きのバスでは、琵琶湖を見て「しぇんしぇい(先生) 今、恐竜見えた!!」と探検隊になって発見したり、運転手になって『大型バス』や『バスに乗って』を熱唱したりと、笑い声がいっぱいの道中となりました。

 さあ、いよいよ到着!子ども達は“プチとまと探検隊”に変身し、高い滑り台を『シンデレラ城』、小さい滑り台を宇宙船、トランポリンや飛び石を人食いワニの池に見立て、とんだりはねたり滑ったり、思いっきり体を動かして楽しみました。

 お昼になり、お母さん手作りの愛情たっぷりのお弁当を美味しそうに食べている時、ポツポツと雨が???すると「あっ!水!きっと、恐竜が口から出してるんや!」と最後まで冒険の空想は果てしなく広がっていました。

 突然降った通り雨でしたが、園長先生はじめ、バスのおじさん、カメラマンの澤野さんまでが、雨用のブルーシートで急遽屋根を作ってくださったおかげで、子ども達はほとんど濡れることなく帰って来ることができました。

 帰りのバスでは、遊び疲れお腹も満足したのでしょうか、多くの子が爆睡でした。急な坂や階段の上からの普段と違った景色や、高く長い滑り台からのスピード感など、大いに探求心や感性を刺激されたことでしょう。これからも、この様な体験を少しでも多く経験させてあげたいと思っています。

 園に帰っておやつの「パックンチョ」を食べながら、「えんとく(遠足)へ、行きましょう♪」「了解!」と、可愛い敬礼姿で『プチとまと探検隊』の遠足あそびは続いています。よほど楽しかったのでしょうね。

 小さな体に、大きな思い出がまた一つ増えました。

GRL_0726GRL_1142GRL_0837GRL_0882GRL_0908GRL_1273