HOME > 新着情報 > 2013 > 6月 > 13

動物園での1日

動物園に到着! これからどんな動物達に会えるかな?楽しみです!

『おとぎの国』では、フンボルトペンギンが日向ぼっこをしています。「気持ち良さそう♪」

バルコニーからキリンを発見!キリンと同じ目線になって、大はしゃぎです!(^^)!

 

 

 

 

 

 

 

 

年中組さんはヤギとの触れ合いです。「お髭がある!」「毛が柔らかい!」優しく撫でてあげます♪

すっかりヤギと仲良しになって餌やりに挑戦です。ヒツジも傍に寄ってきました♪

年長組さんは、飼育員さんからテンジクネズミとウサギについてのお話を聞きました。

 

 

 

 

 

 

そして、実際に抱っこ!「テンジクネズミ かわいい♡」「温かいね♪」命の温かさを感じました。

「ウサギふわふわ!」「柔らかいね♡」テンジクネズミと比べて様々な違いを発見しました!

人気者のレッサーパンダに「ことちゃ~ん!」みんなお友達になりたかったようです(*^_^*)

 

 

 

 

 

 

おとぎの国を出て…さぁ!次は何の動物がいるかな?? 「あ!おサルさんや!」

「ゾウさ~ん!」みんなの呼び声にお鼻をぐ~んと伸ばしてご挨拶。大喜びの子ども達です♫

 

 

 

 

 

 

ゾウのウンチ(展示用)に、「大きなウンチ!!」と目がまん丸(・o・)! *展示用は乾燥させコーティングされており、触っても大丈夫です。

初めて見るカピバラ!「見てみて!お風呂入ってる♪」 子ども達も興味津々です。

日向ぼっこをしているカバを発見☆ 「わぁ!お顔大きい♪」アップのカバにびっくり!

 

 

 

 

 

 

 

お弁当の時間も、楽しみのひとつ♫ 「いただきます!」みんなでパクパク食べようね♪

「園長先生、お弁当おいしい♡」「おいしいね!」 一緒に食べてもらって嬉しそう(*^^)v

お昼からもどんな動物に会えるかな?わくわく☆ドキドキ☆☆

 

 

 

 

 

 

「先生!キリンの子どもがいる!」5月に生まれたばかりの赤ちゃんキリンに会えました♪

間近で見る大きなライオンにちょっぴりドキドキ…でも「おっきくてかっこいい~(^^)」

悠然と歩くアムールトラに目は釘づけ!体や足の大きさにもびっくりです!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

帰りに門に向かう途中でも、様々な動物達を観察することができました(^O^)

「動物園楽しかった!」先生や友達と話しながら、バスまで頑張って歩きました。

幼稚園バスに乗って動物園とお別れです。 「また来るね♪」「ばいば~い!!」

 

 

 

 

 

 

いっしょ、いっしょの給食試食会♪

 6月7日(金)遊戯室にて50人の保護者の方をお招きし、給食試食会を行いました。

 2日前に、園外保育で行った動物園を頑張って歩き、自信がついている子ども達は、「おかあしゃんに教えてあげるねん。」「いっち番(1番)に食べるもんね。」など、お家の方々と食べる試食会を楽しみにしていました。 

 いよいよ、試食会が始まると、最初にチーズを食べたお母さんに、「野菜から!!!」と毅然と注意している子どもや、いつもは、一人で上手に食べているのに、「食べさせて!」とお母さんを困らせている甘えっこさんなど、いろいろな親子の姿を見ることができました。また、お母さんからは「これ美味しいわ!」「私の(料理)より美味しいのとちがう?」と謙遜されながらも大好評でした。また、「家では野菜食べへんのに、食べれるんやん。」「一人で食べたのには、びっくりしました」など、嬉しい感想を口々に話されていました。

 わずか、2歳や満3歳になったばかりの子ども達が、たった2ケ月の間に、自分で食事の用意をしたり、お箸やフォークを使ったりしながら、一人で食べられるようになりました。

 食事中は、自己紹介や他クラス、他コースの方々との歓談など、保護者同士の親睦も深めることができました。

 動物園に引き続き、親子や保護者同士の楽しいひと時を十分に満喫した給食試食会となりました。

お父さんお母さんと一緒の動物園楽しかったよ♪  プチとまとクラブ(2歳児クラス)

 6月5日(水)、雨で延期になっていた動物園にやっと行くことができました。少し汗ばむ天気でしたが、吹く風が心地よい遠足日和となりました♪

 まだ、園内はリニューアル中の所もありましたが、キリン舎やカバの池などが新しくなり、大きなカバを真正面から観ることができたり、象の『うんち』の大きさにびっくりしたり、興味津々で観察していました。帰りには、『猛獣館』でライオンが大きい口を開けて、「ガオー!!ガオー!!」とみんなに挨拶してくれました。その光景に思わず親御さん達は拍手喝采!子ども達の中には、その大きな声と迫力にびっくりして、泣きだしてしまう子もいましたが、ほとんどの子は目をまん丸にして、初めて見るライオンが鳴く勇ましい光景を、じーっと食い入るように見入っていました。

 あの広い動物園をしっかり歩き、お弁当も手伝ってもらわず一人で食べることができました。予想以上の頑張りを見せてくれた子ども達、本当に頼もしかったです。

 また、わが子を愛おしく見守られる親御さんの温かい眼差しに、深い愛情を感じました。子ども達も一緒に手をつないで歩いたことが嬉しかったようで、親御さんを見上げた時の笑顔が今までで一番キラキラ輝いていました。親子の絆が一層強くなった一日でした。

 このように、実際の動物を間近に観て感じることは、子ども達の心の豊かさに繋がります。これからも、プチとまとクラブでは、いろいろな体験をしていきたいと思っています。