HOME >

動物園に行ってきました!(年少・年中・年長組)

 5月21・22・23日の3日間、動物園に園外保育へ行きました。

 『おとぎの国』のなかよし教室では、年中組はヤギやヒツジとの触れ合いと餌やり、年長組はテンジクネズミの抱っことウサギとの触れ合いを体験しました。

 初めてヤギやウサギと触れ合う子どもが多くいましたが、恐る恐る近づきながらも「かわいい~♪」と、次第に子ども達の方から進んで触れ合う姿が見られ、笑顔で愛おしそうに触れていました。事前に幼稚園でも『動物園ごっこ』をして、抱っこの仕方や動物の特徴について調べて、期待が膨らんでいました。そして、実際に触れて観察したことで、子どもの視点で新しい発見がたくさんできました。

 その間年少組は、ゆっくりと園内を回りいろいろな動物を見学しました。知っている動物を発見すると、身を乗り出して目を輝かせて夢中になって見ていました。動物の名前を呼んでみたり、鳴き声に驚いたり、子ども達の様々な反応が新鮮でした。動物も様々な反応を見せ、まるで子ども達に挨拶しているかのようでした。そんな動物達に、子ども達は「動物さんと友達になった!」と、嬉しそうに話してくれました。

 それぞれの学年でのねらいをもとに、午後からも他の動物をたくさん観察できました。動物園での園外保育を通して、命を大切にする気持ちと慈しむ心が芽生え、子ども達自身の心がさらに豊かになってくれることを願っています。

 後日『フォトアルバム』にて子ども達の様子を掲載します。ぜひご覧ください。