HOME >

5月のお誕生日会・園の節句

 5月2日(木)、5月生まれのお誕生日会と園の節句を遊戯室にて行いました。

 子ども達の目線は、遊戯室舞台正面の鯉のぼりの飾りつけと舞台横の立派な武者人形に釘づけです。司会の山中先生からの端午の節句や武者人形、菖蒲の花などのお話も興味津々で聞いていました。そして、みんなが健康に育ちますようにと願いを込めて、元気いっぱいに『こいのぼり』の歌を歌いました。

 先生からの手作りプレゼント(出し物)は、切り絵シアター『わくわくちゃんのわくわくシアター』でした。先生の友達のわくわくちゃんが、画用紙を使って様々な動物を切り、それをみんなで何の動物かを当てるクイズ形式の出し物でした。子ども達は、次々と予想して喜んで答えていきました。正解するごとにピョンピョン跳ねてとっても嬉しそう♪楽しいシアターに、会場内は子ども達の笑顔で溢れていました。5月下旬に予定している動物園(園外保育)への期待がさらに膨らんだプレゼントとなったようです。

 そして、もうひとつお楽しみは、毎月誕生児を祝って昼食やケーキを遊戯室でいただく『すみれレストラン』です。今月は端午の節句に因んで柏餅をいただきました。年少・年中児の中には初めて食べる子どももいたようですが、向かいに座った年長児から「食べたら元気になるよ!」「柏餅おいしいよ!」と励ましてもらい、パックと一口食べて「おいしい!」とにっこり♪みんなペロリと食べて、お互いに顔を見合わせながら笑顔いっぱいでした。異年齢同士の微笑ましい交流があちこちで見られた『すみれレストラン』でした。

 5月に入り、どんどん活動量も増えて活発に遊んでいる子ども達ですが、年長児は年少児を思いやる姿が多く見られています。今後も、こうした機会での異年齢同士の交流から互いの育ちあいを大切に見守り、伝統文化にも興味・関心を持って知識を深める機会を増やしていきたいと思います。

~今月のプレゼント曲~                                                                              年長児・・・・・・・・・・・「夢のパレード」                                                                       年中児・・・・・・・・・・・「しまうまグルグル」                                                                    年少児・・・・・・・・・・・「おつかいありさん」                                                                    誕生児からのおかえしの歌・・「おかあさん」