HOME >

第7回 親子フェスティバル『パペットカーニバル』

 11月28日(水)親子フェスティバル第7弾、『パペットカーニバル(人形劇団京芸―人形劇)』を、開催しました。45組46名の未就園児の親子が参加され観劇を楽しまれました。

 今回は、「ドアをトントン、たたいてる。」「ねずみのおんがくかい」「ぞうくんのさんぽ」の3つの人形劇でした。かわいい人形達が出てくると子ども達は目を輝かせ、演者の優しくておもしろい声色、曲や歌に合わせた演技に、お話しの世界に引き込まれていきました。

 心温まるお話からスタートし、「ねずみのおんがくかい」では軽快な曲に合わせて子ども達だけでなく保護者の方も、曲に合わせて手拍子!一気に盛り上がっていきました。最後のお話し「ぞうくんのさんぽ」は、大きなゾウやカバ、ワニや小さなカメの人形達のコミカルな動きと楽しいお話に身を乗り出し、あちこちからキャッキャと、かわいい子ども達の笑い声が聞こえてきました。 みんなステージに夢中で、会場は笑顔で溢れました。

 人形劇の愉快で素敵なお話しに、飽きることなく最後まで楽しんでご覧になり、「楽しかった♪」と笑顔で会場を後にされました。

 今回で、今年度の“親子フェスティバル”は最終回となりました。来年度も、たくさんの未就園児のお友達と保護者の方に楽しんでいただけるイベントにできればと思っています。来年度もぜひ、皆様のご参加をお待ちしています!

ポールさんと英語で遊ぼ!

 11月27日(火)京都産業大学職員でニュージーランド人のポール・チャートンさんが来園され、全クラスで英語遊びをしました。

 「あ!ポールさん!!」と、年中・年長児は1年ぶりのポールさんの来園にとっても嬉しそう♪久しぶりの笑顔の再会となりました。

 そして、みんなが心待ちにしていた英語遊びがスタート!簡単な挨拶に始まり、ドライブごっこをしながら、信号の色や右・左などの英単語をゲーム感覚で楽しく学び、「Who is this?」のかくれんぼ遊びでも盛り上がりました。そこで力を発揮したのは、ECCのすみれ英語を経験した年中・年長児です。発音もポールさんから「Very Good!!」と褒めてもらい、鼻高々です。年少児も、元気いっぱいの挨拶をたくさん褒めていただきました。1~10の数字に合わせてのロケットごっこに大喜びの年少児♪よほど楽しかったのでしょう。ポールさんの明るさとユーモアあふれる英語に、どのクラスも大はしゃぎでした。

 プチとまとクラブではポールさんと一緒にお弁当の時間です。背の高い外国人のポールさん臆することなく、子どもの方から積極的にコミュニケーションをとっていくではありませんか!ポールさんの眼鏡を触ったり、おしゃべりを楽しんだりする物怖じしない姿に驚きでした。 プチさんも「Thank you!」や、子どものお弁当に入っていた「Manndrin(みかん)」、「ABCの歌」を教えていただきました。ポールさんも、子ども達からのお返しの歌を聞いて、可愛らしいしぐさと元気いっぱいのプチさんに目じりが下がりっぱなしでした。

 すっかりポールさんが大好きになって、短くも充実した楽しい時間を過ごしました。今後もこうした楽しい交流を続け、異文化にも興味を持ちコミュニケーション力を育てていきたいと思います。