HOME > 新着情報 > 2011 > 4月 > 13

平成23年度プチとまとクラブ入室会

 4月8日(金)、新プチとまとクラブさんとなった子ども達33名が、保護者の方と一緒に初めて登園しました。プチとまとクラブは、2歳児・満3歳児の最年少のクラスで、子育て支援の一環として設けています。ちょっぴり涙を見せる子どももいましたが、愛くるしく何ともかわいらしい子ども達!その姿を見るだけで、自然と頬が緩みます。

 遊戯室にて平成23年度入室会が執り行われ、園長先生から保護者の方に向けて、園生活が楽しいものとなるよう、そして、保護者の方が安心して送ってくださるように、教職員が全力で子ども達を受け入れることなどの話があり、その後、先生や保護者の方と一緒に、手遊びや歌に合わせて親子ふれあい遊びをしました。先ほどまで涙を見せていた子ども達も、この時は全員泣くことなく笑顔で遊ぶことができ、会場は和やかな雰囲気に包まれました。最後におみやげをもらった子ども達は、おみやげ片手に満面の笑顔!無邪気に喜ぶその姿に、15日からの子ども達との生活がとても楽しみとなりました。

 触れ合い遊びの親子の姿を見ながら、その絆の深さ・強さ・愛情を肌で感じました。教職員一同、ご家庭で愛情をもって育まれた子ども達を、深い愛情で優しく包みながら、のびのびと元気に笑顔で過ごせるよう、保護者の方と一緒に協力し合って子育てを最大限バックアップしたいと思います。

平成23年度1学期始業式

 4月8日(金)、幼稚園に元気いっぱいの声と笑顔が園内中に戻ってきました。春休み明けとなったこの日、新しく年中・年長さんとなった進級児187名が、元気に挨拶をしながら登園してきました。全員の元気な姿が見られたことが何より幸せなことです。早速、新クラスの先生やお友達と対面し、新しい組名札を誇らしげに見せながら、満面の笑顔で園庭を駆け回っていました。

 遊戯室にて、平成23年度1学期の始業式が執り行われ、園長先生から「進級おめでとう。みんなで楽しく過ごしましょうね。」と話がありました。そして「新しいお友達とも、仲良く一緒に遊んであげましょうね。」の言葉に、子ども達からは「はい!」と、何とも頼もしい返事が聞かれました。新入園児さんとは入園式後の12日に対面します。きっと、すみれの園児らしい年少児をいたわる優しい姿が、あちらこちらで見られることでしょう!また、4月から新しく仲間入りした年長さんのお友達が紹介されました。

 新しい年度も、子ども達の笑顔と共にスタートしました。教職員一同、笑顔と細やかな配慮で優しく子ども達を見守り、健やかな成長を育みながら、安心・安全な園生活が過ごせるようにサポートしていきたいと思います。