新着情報


HOME >

お店屋さんごっこで大盛り上がり(^O^)

12月7日(木)、12月8日(金)の両日、“お店屋さんごっこ”を行いました。

本園のお店屋さんごっこは、三大イベントのひとつとして、子どもの創造性を活かす製作面の発表の場です。お店で売る品物は、各ご家庭から提供していただいた材料(廃品)を使って、子ども達とアイデアを出し合い、先生や友達と一緒に作りました。また、“ごっこ遊び”を通して社会の仕組みを知るねらいもあり、子ども達は2グループに分かれて2日間を一日交代で、買い物と販売を体験しました。

前日は保育参観で『お財布作り』をしてから、その後親子で遊戯室に展示された品物(作品)を見学しました。保護者の方は、『レストラン』『ぼうしや』『とけいや』『おべんとうや』『パン・おかしや』『おもちゃや』『やおや』『ブティック』『はなや』の9店あるお店の品物(作品)と、手作りの大きな看板をご覧になり、子ども達が作ったたくさんの品物に感動され大変驚かれていました。子ども達も嬉しそうに笑顔でどれを作ったか夢中になって話をしていました。全園児が作った作品、本当にどれも素晴らしくかわいらしく、細かな工夫で溢れていました。

お店屋さんごっこ当日、会場は子ども達の熱気と活気で溢れ、各お店は大繁盛でした。年長組の子ども達を筆頭に「いらっしゃいませ~!」「これください!」「100円です!」と、威勢の良い声が響き、どんどんと品物が売れていきました。年少・年中組の子ども達も負けじと元気な声をだして参加していました。支払ったお金よりもお釣りの方が多かったり、しっかりした年長児の「全部500円です!」に「えー!?」といったビックリ販売など、子どもらしく微笑ましいやりとりも見られました。お客さんとしてのみ参加したプチとまとクラブの子ども達も、買い物の仕方を教えてもらいながら、次第に雰囲気に慣れて、後半は進んで自分の欲しい品物を次々と購入し、いつの間にか買い物袋は品物でいっぱいになっていました。そして、2日間とも、品物は見事に完売!!大成功に終わりました。お家でもいっぱい遊ぶ子ども達の姿が目に浮かびます。

この2日間、最後までとても充実したお店屋さんごっことなり、私達教職員も子ども達と一緒に本当に楽しいひと時を過ごしました。後日フォトアルバムでも様子をご紹介する予定です。