新着情報


HOME > 新着情報 > 行事案内 > 教職員が「普通救命講習」を受けました。

教職員が「普通救命講習」を受けました。

 春休み期間の4月7日(金)今年度も教職員が普通救命講習を受けました。この講習は毎年受講しています。

 最初に山科消防署の山内さんより、テキストに沿って心肺蘇生法の流れを教えていただきました。その後、グループに分かれて心肺蘇生・AEDの使用方法の実技を乳児・小児・成人の人形を使い行いました。体格に合わせての力加減が難しかったり、教諭たちも若干苦戦していましたが、全員がマスターしました。

 すみれ幼稚園にはAEDを1台設置しています。今後、事故防止に努めるとともに、いざというときに慌てず行動するための知識と体験を得た、有意義な講習となりました。

すみれ幼稚園の教諭は、園内研修だけでなく、主に京都市幼稚園連盟・協会主催の研修会など多分野にわたる様々な研修会に多く参加し、日々保育の質の向上に努めております。子ども達に還元できるよう、新年度からも気持ちを引き締めて、教職員一同がんばってまいります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA