新着情報


HOME >

楽しかった!矢橋帰帆島公園遠足

 10月21日(火)、全園児で矢橋帰帆島公園に遠足に行ってきました。

 心配していた天候も、前日の雨は明け方までに上がり、子ども達の願いが届いたかのように見事に晴れ間も見られました。この日の遠足を心待ちにしていた子ども達は、行きのバスの中から歌を歌ったりゲームをしたりと大盛り上がりでした。

 矢橋帰帆島公園に到着すると、様々な遊具に「わぁ~!」「早く遊びたい!!」と、わくわく期待で胸がいっぱいになりました。広場の中央にある赤くて大きな『ピラミッド』型のジャングルジムに目が釘づけで、早速、年長組の子ども達は上まで登ってみようとチャレンジし、何人も「登れた~!」と笑顔でポーズ♪年中組は年長組の子ども達を見ながら、ジャングルジムのロープに掴まってトランポリンに挑戦し、バランスをとって上手くジャンプできました。年少組の子ども達は、長~いローラー滑り台に大はしゃぎ!プチとまとクラブの子ども達も、かわいい幼児用のすべり台や小山の探検、飛び石遊具など、楽しい遊具にニコニコ笑顔がいっぱい♪園長先生やバスの運転手、職員に手伝ってもらいながら、伸び伸びと遊ぶことができました。各学年、時間を忘れて遊びに夢中でした。また、異年齢同士の関わりも見られて、探検をしながら「お~い!!」と呼び合ったり、一緒にどんぐり拾いをしたり、触れ合いを十分に楽しんでいました。

 お昼は、遊んだ遊具を眺めながら、みんなでお弁当をいただきました。お外でみんなで食べるお弁当は格別!いつもよりも、うんと大きなお口を開けて、嬉しそうにパクパク食べていました。

 お弁当を食べて、パワーが戻った午後は、広大な芝生広場で遊びました。大きな広場に開放的になった子ども達は、柔らかな芝生の感触を楽しみながら思いっきり走り回ったり、クラスごとで様々な遊びをしたりダンスをしたり、帰る寸前まで遠足を満喫することができました。

 帰りのバスの中でも、楽しかった遠足の話で会話が弾み、中には遊び疲れて幼稚園につくまで熟睡する子どもも…自然に触れて、体いっぱい遊び、楽しい思い出になった一日でした。

D4A_0439GON_3910D4B_0172 RYO_0124 D4A_0618 D3B_6046