新着情報


HOME >

サンガ・キッズつながり隊

 5月13日(月)園庭にて、今年も京都サンガのコーチが来てくださり、年長組対象の京都サンガF.C主催『サンガ・キッズつながり隊』を行いました。昨年までは、『KIDSサッカーキャラバン』として体験していましたが、今年度より、『サンガ・キッズつながり隊』というサンガの新たな取り組みとして、体験しました。サッカーを単にゲームとしてではなく、運動遊びを通して集団遊びに関心を持ち、そして、体力と集中力の向上もねらいとして、1クラス45分間プロのコーチから学びました。

 朝から気合十分だった子ども達は、コーチの指導の下元気いっぱい!まずはサッカーボールを使って、ボール投げをしたりボールを追いかけっこしたり、サッカーボールに慣れるための練習です。そして、ドリブル練習やシュート練習など、様々なサッカーボールの遊びや楽しさを教えていただきました。コーチや友達と一緒にボールを追いかけ、みんな笑顔いっぱいです。最後は、どんどん相手チームのコーンを倒す競争です。一生懸命にボールを蹴ってはりきる子ども達の姿が見られました。コーンを倒すと「やったー!!」と大喜び!どのクラスも大盛り上がりのゲームとなりました。

 進級して2か月が経ったこの時期は、子ども達の心身が次第に安定していきます。少人数から集団遊びへと移行し、ルールを守って集団遊びの楽しさを味わっていきます。友達を誘いあいコミュニケーション力も高まり、これからますます集団でのゲームや遊びが発展して盛り上がっていくことでしょう。同時に、遊びながら楽しく体力の向上を図り、強い身体作りを目指していきたいと思っています。

 *この日の様子が、5月14日付の京都新聞朝刊で掲載されました。