新着情報


HOME > 新着情報 > 行事案内 > お店屋さんごっこ♪

お店屋さんごっこ♪

 12月7日(木)12月8日(金)“お店屋さんごっこ”を行いました。

 お店屋さんごっこは、子どもの創造性を活かす制作面の発表の場であり、本園では園の三大イベントの一つとして位置付けています。実際にスーパーマーケットの商品やディスプレイの見学から始まり、各ご家庭からご協力いただいた材料(廃品)の中から、子ども達と話し合い、クラス毎あるいは異年齢グループ毎に商品を企画し制作します。

 また、“ごっこ遊び”を通して社会の仕組みを知るねらいもあり、子ども達は2グループに分かれ2日間を一日交代で、買い物と販売を体験します。 前日の保育参観前には、保護者の方々にも遊戯室にディスプレイされた作品を見ていただきました。 9店あるお店の商品(作品)と、手作りの大きな看板をご覧になり、「廃品がこんな立派な品物になるなんて!」「まるで本物のようですね。」と、皆さん感嘆の声をあげられます。子ども達も、お家の方に見てもらうんだ!と大はりきりです♪ 満面の笑顔で自分が作った作品を次々と指差していました。自分達で作り上げた自信が、表情からも仕草からも大いに表れていました。

 当日、会場は子ども達の熱気で溢れ、年一度のバーゲンセールそのものです。年長児を筆頭に「いらっしゃいませ~!」「これください!」「100円です!」と、威勢の良い声が響き、どんどんと品物が売れていきます。年少・年中児も負けじと元気な声をだしていました。お客さんとしてのみ参加したプチとまとクラブの子ども達も、買い物の仕方を教えてもらいながら自分の欲しい品物を次々とゲットし、いつの間にか買い物袋は品物でいっぱいとなりました。

 支払ったお金よりなぜか“多いお釣り?”を財布に入れる、微笑ましいやり取りもありました。お釣りを渡すのもお店の子にとっては嬉しかったようです♪

 11月からこのかた、最後までとても充実したお店屋さんごっことなりました。私達教職員も本当に楽しい2日間でした。後日フォトアルバムでも様子をご紹介いたします。