新着情報


HOME >

おおやけの里との交流会

 10月13日(木)、年長組の代表園児15名が『介護老人保健施設おおやけの里』を訪問しました。

 初めての訪問に少し緊張気味ながらも、「一緒にミニ運動会ができる♪」と、出発前からわくわくしていた代表園児達でした。

 園長先生から「みんなの元気をあげましょうね。」とお話をしてもらい、「はい!!」とますますはりきっていた子ども達は、施設に到着するや「おはようございます!」と元気いっぱいご挨拶。お年寄りの方々も、拍手とともに「かわいいね~。」と笑顔で迎えてくださり、子ども達もホッと一安心。園児達のかわいい姿と笑顔に、あっという間にフロア中が温かな雰囲気に包まれ、中には感動で涙を流されたお年寄りの方もおられました。

 今回は、『玉入れ』『物送り競争』『リレー』『借り物競争』を紅白に分かれて行いました。おじいさん・おばあさん方の間に入って、「一緒に入れよう!」「走るの速いし見ててね!」と、子ども達の元気いっぱいの声がフロアに響きます。お年寄りの方も子ども達に「がんばろうね。」と声をかけてくださり、終始和やかながらも盛り上がった交流会となりました。

 最後には、年長組全員が様々な材料で作った花束をプレゼント♪お返しに、ちぎり紙を丁寧に施された手作りの大きなキラキラメダル(メッセージ付き)を頂きました。帰る時にも別れを惜しみ、何人もの方が涙を流されておられました。その姿を見た子ども達からは、「また来るね!」「楽しかったよ!」と自然に声をかける優しい姿が見られました。

 今回、お年寄りに優しく接する心、思いやりの気持ちを持つ大切さを学んだ子ども達。とても貴重な経験となりました。今後もこうした交流会を大切にしたいと思います。