新着情報


HOME > 新着情報 > 行事案内 > ミニ同窓会をしました

ミニ同窓会をしました

7月27日(金)ミニ同窓会を行いました。

昨年度(平成29年度)に卒園した現小学1年生の子ども達が、4ヶ月ぶりに“登園”し「おはようございます!」と、笑顔いっぱい元気いっぱい大きく成長した姿を見せてくれました。ミニ同窓会は、毎年この時期に行っているイベントです。

「先生~!!」「幼稚園久しぶりや~!」と、走りよってくる子もいれば、ちょっぴり恥ずかしそうに照れながら微笑む子もいて、様々な反応を見せていました。でも、ドキドキしているのも本の束の間、久しぶりに会った先生や友達と遊ぶうちに、すぐに幼稚園時代に戻ったようで、園内を懐かしそうに探険して回ったり、遊戯室でみんなで遊んだり、笑顔がたくさん見られました。

この日は、特別に前園長の藤本先生をはじめ、旧担任も揃いました。そんな先生達みんなと一緒に『じゃんけん列車』で大盛り上がり!身長も顔立ちも大きくなったことを印象付けてくれた子ども達ですが、遊び方もさらにダイナミックになって、先生達やお友達相手にじゃんけんに必死でした。というのも、負ければ足のトンネルをくぐるため、列車が長くなればなるほど、トンネルも長くなっていきました。子ども達は余裕でトンネルを通っていましたが、園長先生も含めて先生達は足トンネルに大苦戦!それでも、子ども達からの「がんばれ」コールに、パワーをもらいました。最後の一列になるまでじゃんけん勝負に一喜一憂していた子ども達でした。

その後は、旧クラスの保育室に入りました。懐かしい雰囲気の中、ゼリーやジュース、お菓子をいただきながら和気あいあいと近況報告会をしました。子ども達は同じ小学校に通っている子もいますが、違う小学校に進学した友達がどの小学校に通っていてどの教科が好きなのか、みんな興味津々で聞いていました。

最後は、遊戯室に集まって先生達みんなと記念撮影をし、思い出のある歌をうたって卒園アルバムを受け取りました。

子ども達の成長を願い、送り出した3月の卒園式から早4ヶ月。小学校も夏休みに入り子ども達も小学校生活に慣れた様子で、いろいろな話をしてくれ、その様子に教職員一同安堵しました。今後、ますますすみれ幼稚園卒園児として、伸び伸びと活発に成長してくれることを願いながら、卒園児をずっと見守っていきたいと思います。